地元沖縄人がおすすめするマリンスポーツ トップ10 >>

辺戸岬 沖縄北部観光|断崖絶壁の絶景が楽めるパワースポット

はいさい!
沖縄生まれ沖縄育ちのケィシー( @keiseaokinawa )です。

今回は、那覇空港から約120キロ、車で約3時間のドライブコースで、沖縄本島最北端にある【 辺戸岬 】を紹介します。

辺戸岬は、圧巻の断崖絶壁の絶景が楽しめるスポットでありながら、パワースポットとしても人気なスポットなんです。沖縄に来られた際はぜひ行ってみてください!

それでは紹介していきますね

辺戸岬ってこんな場所

辺戸岬は、大昔にサンゴ礁が隆起してできた場所で、太平洋と東シナ海の荒波が打ち寄せ、断崖絶壁を見て楽しめる沖縄最北端の絶景スポットです。

そのため、辺り一帯はゴツゴツした足場になっています。ですが歩く所はきちんと整備されているので、車椅子やベビーカーでも安心して見て回れます。が、整備されてない場所にも行くことができるので念のためサンダル系はおすすめしません。

また、【辺戸岬】はただの絶景スポットでは無く周辺一帯が沖縄の聖地とされているんです。


ちょっと昔の話しですが、辺戸岬は沖縄県民が平和を願った場所であり、沖縄がアメリカ統治下の時に、本土復帰を願い狼煙を上げていた特別な場所なんです。

当時【辺戸岬】から22キロ離れた国境の先にある与論島からも狼煙を上げて、沖縄の本土復帰を支持していたそうです。そして【辺戸岬】と与論島の間の国境海上で、交流会も行われてたとのことです。

晴れた日には辺戸岬から青く澄んだ綺麗な海が見れ、与論島まで見えることもあり、タイミングが良ければクジラのホエールウォッチングもできたりなんかしちゃったりします。

辺戸岬の見所紹介

と、ここで【 辺戸岬 】の歴史がわかるとまた違った見方もできるので、【 辺戸岬 】について説明しながら見所を紹介していきます。

かりゆしの像

1972年に沖縄が日本に返還された後の2001年に、辺戸岬のある国頭村と与論島との友好のシンボル、「かりゆしの像」が与論島から送られました。

その与論島から送られたかりゆしの像がこちらです。

頭部は鳥で、胴体は魚の架空の動物で空と海を表していて、これには平和の実現の意味が込められているそうです。

かりゆしの像は与論島を向いていて、与論島からは沖縄から送られたヤンバルクイナの友好の絆が沖縄に向けて置いてあるそうです。

日本祖国復帰闘争牌

1972年の沖縄返還後の1976年に建立された日本祖国復帰闘争牌です。

日本祖国復帰闘争牌に書かれていることがこちらです。

めっちゃ長いので読むかどうかはお任(*’ω’*)

全国のそして世界の友人に贈る

吹き渡る風の音に耳を傾けよ権力に抗し復帰をなしとげた大衆の乾杯の声だ

打ち寄せる波濤の響きを聞け

戦争を拒み平和と人間開放を闘う大衆の叫びだ鉄の暴風やみ平和のおとずれを信じた沖縄県民は、米軍占領に引き続き、1952年4月28日サンフランシスコ「平和」条約第三条により、屈辱的な米国支配の鉄鎖に繋がれた

米国の支配は傲慢で県民の自由と人権を蹂躙した祖国日本は海の彼方に遠く、沖縄県民の声はむなしく消えたわれわれの闘いは蟷螂の斧に擬せられたしかし独立と平和を闘う世界の人々との連帯あることを信じ、全国民に呼びかけ、全世界の人々に訴えた

見よ、平和にたたずまう宜名真の里から、27度線を断つ小舟は船出し、舷々相寄り勝利を誓う大海上大会に発展したのだ今踏まれている土こそ、辺土区民の真心によって成る沖天の大焚き火の大地なのだ

1972年5月15日、沖縄の祖国復帰は実現したしかし県民の平和の願いは叶えられず、日米国家権力の恣意のまま軍事強化に逆用された

しかる故にこの碑は、喜びを表明するためにあるのではなく、まして勝利を記念する為にあるのでもない闘いを振り返り、大衆が信じ合い、自らの力を確かめ合い、決意を新たにし合うためにこそあり人類が永遠に生存し、生きとし生けるものが自然の摂理のもとに生きながらえ得るために警鐘を鳴らさんとしてある。

とにかく平和が一番です。戦争はいけません。

辺戸岬 圧巻の断崖絶壁の絶景スポット

【 辺戸岬 】では断崖絶壁の絶景が見れますが、柵がない所が多いので見るときは細心の注意が必要になってきます。

場所的に風が強い日が多くて危険な場所もあるので、必ず断崖絶壁からは離れて見るようにしてください!

火曜サスペンス劇場(‘Д’)

目の前に見える山は大石林山といい、沖縄屈指のパワースポットなんですよ。
辺戸岬までこられたら、ぜひ行ってみて下さい。

子どもが大好きな望遠鏡もあります。
タイミングが良ければクジラや、与論島も見えとか!ぜひ見てみてください!

覗き、ダメ!!めっ!!

拝所

辺戸岬には拝所が何ヵ所かありますので、もし拝んでいる方がいる場合は静かにして、邪魔にならないように気をつけてくださいね!

辺戸岬観光案内所【HEAD LINE】&カフェ&パーラー

辺戸岬には観光案内所のHEAD LINEがあり、国頭村・大宜味村・東村の観光情報と、自然・歴史・文化の地域の情報を発信してるので、ぜひ参考にして沖縄を楽しんでくださいね!

2階には大海原を一望できるカフェ「ふしくぶカフェ」があり、ピザやコーヒーなどを味わうことができます。

辺戸岬はとにかく遠いので、カフェでほっと一息しつつ絶景を見ながら楽しむのもいいですよ(*‘ω‘ *)

営業時間 10:00~17:30
定休日  年中無休
電話番号 0980-43-0977

辺戸岬 まとめ

沖縄本島最北端の沖縄の聖地でもあり、断崖絶壁の絶景が見れる、沖縄県民の思いが詰まった場所の【 辺戸岬 】の紹介でした。

強風の日が多く、近寄りすぎると危険なので気をつけて楽しんでくださいね。

また、近くにはヤンバルクイナ展望台や大石林山もあるので、沖縄をいっぱい楽しんでくださいね!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました