地元沖縄人おすすめのマリンスポーツ10選 >>

【元祖ソーキそば|我部祖河食堂本店】沖縄で1番おすすめしたい絶品ソーキそば|名護市

我部祖河食堂本店

はいさい!
沖縄生まれ沖縄育ちの沖縄人ケィシー(@keiseaokinawa)です。

沖縄本島北部にきたら必ず立ち寄るお店があります。それが今回紹介する1966年創業の元祖ソーキそばのお店【我部祖河食堂本店】です。

私は根っからの沖縄人なので色々なお店で沖縄そばを食べますが、2回に1回の割合で我部祖河食堂のソーキそばを食べます。それほど美味しく、おすすめの沖縄そば屋さんです。

それでは、我部祖河食堂本店の雰囲気やメニュー、歴史などを交えて紹介していくよー!

スポンサーリンク

そもそも沖縄そばって何?

沖縄そばは、450~500年前に中国から伝わってきたそうです。
北京大学に残された資料の中に、1532年、琉球王・尚真の四十九日のお供え物として「粉湯」がだされていたとあり、これが沖縄そばの元と考えられています。
もともとは、琉球王朝の宮廷料理(国王が食べる料理)として食べられていたようです。
(起源や由来に関しては、文献資料なども少なく、はっきりした来歴は不明となっています)

材料としては・・・麺は、小麦粉と塩、かん水から作られ、豚骨や鰹(カツオ)、鶏ガラなどで作ったスープに、豚肉やカマボコ、ネギなどをのせたものが主流で、豚肉にはソーキ(スペアリブ)、三枚肉(バラ肉)、てびち(豚足)を使用しているのが主流です。
※その他、卵焼きや野菜炒めをのせる場合もあります。

引用:我部祖河食堂

スポンサーリンク

我部祖河食堂本店の歴史

画像出典:我部祖河食堂

画像出典:我部祖河食堂

画像出典:我部祖河食堂

精肉店を営んでいたある日、創業者の金城源治が、残ったあばら肉を味付けし、沖縄そばの上にのせてお客様をもてなしたところとても好評でした。
※写真(1)(2)が昔営んでいた精肉店です。

創業当時は、お客様のほとんどが肉体労働者の方々で、クーラーもまだない、暑さ厳しい炎天下の中、頑張るお客様にクンチ(力・栄養)をつけてもらいたいとの思いで、こってりした味付けにこだわり、ボリュームのある大盛りのソーキそばが生まれました!

引用:我部祖河食堂

スポンサーリンク

我部祖河食堂本店|雰囲気

我部祖河食堂本店に到着。
我部祖河食堂本店は那覇から高速道路経由で1時間弱、名前の通り名護市の我部祖河と言う場所にあります。

国道58号線の伊佐川(西)交差点から国道71号線に入り、今帰仁方面に約1km走ると左手に我部祖河食堂本店の大きい看板がドドーンと出てきます。

駐車場はお店の正面と左横、裏手にあり、20台以上は停められる広さ。

車を停めて店内へ!

創業から55年が経つ老舗の雰囲気と、ゆったりした時間が流れる店内。この雰囲気はなかなか作れません。いつきても素敵な雰囲気です。

店内にはテーブル席と座敷があります。

子供連れや人数が多い時は、ゆったり座れる座敷がおすすめ!

スポンサーリンク

我部祖河食堂本店|メニュー

元祖・ソーキそば

  • 特大【L】900円
  • 大【M】800円
  • 小【S】700円

三枚肉そば

  • 特大【L】830円
  • 大【M】730円
  • 小【S】630円

女性人気№1|野菜そば

  • 特大【L】800円
  • 大【M】700円
  • 小【S】600円

素そば

  • 特大【L】500円
  • 大【M】450円
  • 小【S】400円

みそ汁定食

  • 780円

野菜炒め

  • 680円

てびち汁

  • 900円(ライス付き)

焼きめし

  • 730円(スープ付き)

焼きそば

  • 730円(スープ付き)

中味汁(ライス付き)

  • 800円(ライス付き)

てびちそば

  • 900円

中味そば

  • 800円

ドリンク

  • ビール 550円
  • ノンアルコールビール 270円

もう一品

  • ジューシー  (大)230円 (小)180円
  • ライス 180円
  • いなりずし 120円

食べてみた

今回注文したのは下記の4品です。

  • 元祖ソーキそば
  • 三枚肉そば
  • 野菜そば
  • 焼きめし

いただきます!

元祖・ソーキそば

こちらが我部祖河食堂本店の元祖ソーキそばです。大きくて食べ応えのある本ソーキが4個も入っています。

我部祖河食堂秘伝の甘タレで味付けされた本ソーキは濃すぎず薄すぎずちょうどいい味つけ。トロトロに煮込まれた本ソーキは、食べ応えのある部分も残しつつ、さすが元祖というだけあり美味い!

我部祖河食堂のスープはオリジナル濃厚豚骨スープ、そして麺はコシがあるもちもちの太めのオリジナル麺です。濃厚豚骨スープがよく絡み、ひとつひとつが最高レベルで文句なしの美味しさです。

三枚肉そば

こちらは我部祖河食堂本店の三枚肉そばです。

三枚肉とは、肉の断面が肉・脂・皮と三層になっている豚ばら肉のことです。

我部祖河食堂の秘伝の甘タレでじっくり長時間かけて煮込んだ三枚肉は、皮と脂の部分はトロトロでとても柔らかく、お肉の部分は程よい歯ごたえで、オリジナル濃厚豚骨スープと、オリジナルの麵によくあいます。

脂身が好きな方にお勧めの沖縄そばです。

野菜そば

我部祖河食堂の野菜そばです。

お肉が乗ってないので少しヘルシーな感じです。
塩コショウのあっさりした味付けで香ばしい野菜炒めが、オリジナル濃厚豚骨スープとオリジナルの麺によくあい、ばくばく食べられる美味しさです。

お肉が苦手な方には野菜そばがぴったりかも!

焼きめし

我部祖河食堂の焼きめしです。

おそば屋さんで焼きめし?と思うかもしれませんが、これがまた美味い。我が家の子供たちはそばを注文しないで焼きめしばかり食べています。

パラパラではなく少ししっとりめの焼きめしは、素朴な味付けで濃すぎず薄すぎずさらっといただけます。

ほかのお客さんを見ていると、これまた結構注文されているのを見かけるので万人受けする味かもしれません。

我部祖河食堂の口コミ

我部祖河食堂の口コミを調べてみました。

我部祖河食堂本店|店舗情報

我部祖河食堂本店の住所や電話番号、定休日などの店舗情報は下記の通りです。

住所

沖縄県名護市我部祖河177

電話番号

0980-52-2888

定休日

月曜日(祝日の場合は翌日繰越)

営業時間

10:30~16:00(ラストオーダー)

駐車場

あり

我部祖河食堂は沖縄に7店舗

我部祖河食堂は本店以外に南は那覇市、北は名護市までに下記の6店舗、合計7店舗があります。

我部祖河食堂 名護店

店舗名 我部祖河食堂 名護店
電話番号 0980-52-3081
住所 〒905-0005 沖縄県名護市為又15
営業時間 10:00~20:30(20:00ラストオーダー) 
定休日 元旦

我部祖河食堂 コザ店

店舗名 我部祖河食堂 コザ店
電話番号 098-933-4778
住所 〒904-0031 沖縄県沖縄市上地4-20-1
営業時間 11:00~21:30(21:00ラストオーダー) 
定休日 元旦

我部祖河食堂 泡瀬店

店舗名 我部祖河食堂 泡瀬店
電話番号 098-939-2456
住所 〒904-2172 沖縄県沖縄市泡瀬1-2-29
営業時間 11:00~21:30(21:00ラストオーダー) 
定休日 元旦

我部祖河食堂 中城店

店舗名 我部祖河食堂 中城店
電話番号 098-895-5223
住所 〒901-2401 沖縄県中頭郡中城村字久場2018-1 
営業時間 11:00~20:30(20:00ラストオーダー)
定休日 元旦

我部祖河食堂 げんじや~店

店舗名 我部祖河食堂 げんじや~店
電話番号 090-3792-3093
住所 〒900-0013 沖縄県那覇市牧志3-9-43
営業時間 10:00~23:30(23:00ラストオーダー)
定休日 年中無休(コロナウィルスの影響により変動あり) 

我部祖河食堂 前島58号店

店舗名 我部祖河食堂 前島58号店
電話番号 098-869-9122
住所 〒900-0016沖縄県那覇市前島3-3-3
営業時間 11:00~21:30(21:00ラストオーダー)
定休日 元旦(コロナウィルスの影響により変動あり) 

 

我部祖河食堂本店まとめ

老舗の雰囲気と、ゆったりした時間が流れる店内。我部祖河食堂秘伝の甘タレで味付けされた本ソーキは濃すぎず薄すぎずちょうどいい味つけ!

トロトロに煮込まれた本ソーキは、食べ応えのある部分も残しつつ、スープはオリジナル濃厚豚骨スープ、麺はコシがあるもちもちの太めのオリジナルの麺が最高!

濃厚豚骨スープがよく絡み、文句なしの元祖ソーキそばです。ぜひ我部祖河食堂本店へ行ってみてください(*‘∀‘)

最後まで読んでいただき にふぇーでーびる。

沖縄そばの名店!前田食堂本店の牛肉そばは絶品の一品|沖縄本島北部・大宜味村
沖縄本島南部エリアの沖縄そばの名店。沖縄にきたら絶対行かなきゃもったいない!沖縄人がおすすめする沖縄そば店を紹介
ピザ喫茶花人逢|沖縄トップクラスの絶景に癒されながらほっと一息
沖縄北部エリアの圧倒的大人気店で日本のみならず外国の旅行者からも絶大な人気を誇る沖縄トップクラスの絶景が楽しめるカフェ
巨大ヤンバルクイナ展望台から見る沖縄本島最北端の迫力満点の景色
意外と知らない沖縄本島北部最北端にあるちょっと楽しい迫力満点な絶景展望台
ヒロ・コーヒーファーム|山奥にある可愛らしいカフェで沖縄産珈琲を堪能
1から作り上げた貴重な沖縄産珈琲豆で煎れる珈琲を、大自然の中でいただける可愛らしいカフェです。
辺戸岬|沖縄本島最北端の圧巻の絶景スポット
那覇空港から約120キロ、車で約3時間のドライブコースで沖縄本島最北端にある断崖絶壁の絶景が楽しめるパワースポットを紹介します。
ヤンバルの秘境で営む又吉コーヒー園で貴重な沖縄産珈琲を味わってきた 東村
沖縄で栽培と焙煎された数少ない特別な沖縄産コーヒーが頂けるカフェ。大自然の中で至福のひと時を過ごせるやんばるの山奥にあるカフェです。
タイトルとURLをコピーしました